イビサクリームの配合成分を徹底解説しちゃうんだぞ!

こんにちは。イビサクリームでお悩みが一つ解消出来ちゃった管理人のぴよこです。

デリケートゾーンを始め体のいたる部位の黒ずみ・くすみの解消に役立ってくれる薬用イビサクリーム。

これ、使い続けるとホントに効果を実感できちゃうんです。

そんな美白効果の高いイビサクリームには黒ずみ・くすみを解消してくれるための成分がたっぷり配合されています。

ということでイビサクリームの配合成分を徹底解説してみることにしました。

イビサクリームの主成分トラネキサム酸ってなんだろう?その特徴について

トラネキサム酸はもともと炎症作用やアレルギーの抑止効果を持ち医療現場で止血剤として使われていたそうです。

それがシミや肝斑を抑える効果が見られ厚生労働省から薬用有効成分の医薬部外品である美白成分として認定を受けています。
ジェネリック医薬品では「トランサミン」として処方されています。

トラネキサム酸の特徴

  • 人工アミノ酸の一種でメラニンを抑制する効果がみられる
  • 肌の炎症を抑える効果があり止血剤として使用されていた
  • 厚生労働相から薬用有効成分として認可

このような特徴があげられます。

トラネキサム酸の美白効果

ではどうしてトラネキサム酸を使って美白できるのか、それは・・・

黒ずみやシミの原因となるメラニンはメラノサイトと言われる細胞で紫外線などの肌ダメージを抑えるために作られます。

通常は新陳代謝(ターンオーバー)により、剥がれ落ちるはずなのですがターンオーバーの遅れや加齢などといったさまざまな原因によりシミや黒ずみとして肌に残ってしまいます。
トラネキサム酸はメラノサイトにまで浸透して「メラニンを作らなくていいよ」といった指令のようなものを出します。

いや、ホントに指令を出すわけじゃないのですが…

このトラネキサム酸の効果によってメラノサイトでメラニンが生成されるのを抑制してくれます。
つまりシミや黒ずみができる前に先回りして抑えてくれるというすごい効果を持っているんですね。

この効果を実感するまでの期間として、もちろん体質やシミ・黒ずみの状態によりますが早ければ2週間ほどから2カ月ないし3カ月と言われています。

イビサクリームで「効果が出るまで2から3カ月ほど使いましょう」というのと一致しますね!
つまりどうしてもターンオーバーを繰り返す必要があるため時間はかかるということなんですね。

トラネキサム酸に副作用ないの?

トラネキサム酸には内服薬と化粧品での外用と両方あり、内服薬として摂取するには注意が必要なようですが、クリームなどで用いられる分には副作用の心配はほぼありません。

そのため安心して使用が可能です。

イビサクリームのトラネキサム酸がいい理由

上記のようなことから美白効果が高く安心して使えるため今では美白化粧品として欠かせない美白成分となったトラネキサム酸。

このトラネキサム酸をいち早くデリケートゾーンの黒ずみ解消に採用したのがイビサクリームなんです。

イビサクリームではこのトラネキサム酸に加え薬用有効成分であるグリチルリチン酸2Kを主とし、加えてたっぷりの保湿成分や美白効果のある天然成分を配合することで皮膚の薄いデリケートゾーンでも安心して使用できるんですね。

そのため、イビサクリーム以降に発表されているデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームはこのイビサクリームを参考にしていることは間違いありません。

しかし、イビサクリームを超えるようなデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームが出てこないのも事実です。
トラネキサム酸以上の美白成分が発見されればまた変わるかもしれませんが、これはまだ先に話になりそうですね。

デリケートゾーンの黒ずみケアをするならトラネキサム酸配合のイビサクリームを選んでおけば間違いなしとも言えそうですよ!

イビサクリームの主成分グリチルリチン酸2Kってなんだろう?その特徴について

では続いてイビサクリームに配合されているもう一つの薬用有効成分「グリチルリチン酸2K」も見てみましょう。

公式サイトを確認しても大きく載っていますよね。

美白肌を実現するためには欠かせないと言われているこのグリチルリチン酸2Kにはどのような効果があるのでしょうか?
また副作用の恐れとかってあるのでしょうか?

美白肌を実現するためにグリチルリチン酸2Kについて調べてみました。

グリチルリチン酸2Kに美白効果?

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)って実はけっこう色んな化粧品などに使われています。
特に目に付くのが、美白化粧品とニキビケア用品です。

これらに使われていることが多いということは共通したケアに必要な成分であると考えられますよね。

実はグリチルリチン酸2Kという成分には美白効果はありません。
「美白効果がないんじゃ意味ないじゃん」
「どっかのサイトに美白成分って書いてあったよ」
なんて言われるかもしれません。

美白効果はないものの、実は美白肌を促すために欠かせない作用を持っているんです。
それが抗炎症効果、抗アレルギー作用といわれるものです。

お肌が炎症を起こしているまま、敏感な状態のままでは、黒ずみを改善するどころか進行させやすくなってしまいます。

美白成分をお肌にしっかりと浸透させターンオーバーを正常なものへと回復してあげるためには、まずお肌の状態を正常に戻してあげる必要があります。
この役割を担ってくれるのがグリチルリチン酸2Kの効果なんです。

だからとっても大事な成分なんですね。
これでニキビケア用品に使われている理由がわかりますよね。

グリチルリチン酸2Kには副作用ってないの?

グリチルリチン酸2Kは過剰摂取をしてはいけないことになっています。
内服で1日の摂取量が40mgを超えると偽アルドステロン症という症状を発生させると言われています。ただしこれは内服液での話です。

しかしクリームのようにお肌に塗布する場合はこの限りではありません。

もともとが0.5%までと決められており、化粧品で使用される含有量は0.1%以下とごく少量になっています。
そのため、通常使用で副作用が起きる可能性は極めて低く安全であるといえるでしょう。

黒ずみを解消するには欠かせないのがグリチルリチン酸2Kなんです

このようにグリチルリチン酸2K自体には黒ずみを改善し美白させる効果はありませんが、その前段階でお肌の質を改善してあげるためには欠かせません。

イビサクリームを使い始めて、黒ずみが薄くなるよりも先に「肌のザラザラ感がなくなった」とか「お肌がスベスベになった」といった効果はこのグリチルリチン酸2Kを始めとする抗炎症成分のおかげともいえるでしょう。
このキレイにした肌質をベースに美白成分をしっかり浸透させターンオーバーを正常なものへと回復させ、黒ずみ解消できるというワケですね。

お肌に優しい薬用美白成分「トラネキサム酸」と薬用の抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」これに加え、8種類もの保湿成分にたっぷりの天然成分を配合しているイビサクリームが美白効果が高い理由とも言えますね。

イビサクリームの成分|カモミラエキスの効果ってどんなもの?

では続いて主成分ではありませんが、美白肌を確実にサポートしてくれる天然成分についても見てみます。

イビサクリームに使用されている天然成分カモミラエキスの効果ってどのようなものがあるのでしょうか?

化粧品や美容品で多く使われているカモミラエキスについて見てみましょう。

カモミラエキスってなぁに?

カモミラエキスはカモミールというハーブを原料に抽出した成分です。
カモミールはお茶やアロマなどに使われているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
別名カミツレと言われリラックス効果が見られます。

イビサクリームにおいては「炎症抑制作用」や「保湿作用」として用いられています。
天然成分であるため薬用成分と違いその効果が実感できるのは時間がかかります。

その分お肌を痛める心配がないので安心して使用ができます。

カモミラエキスの抗炎症作用

デリケートゾーンは体の中でも特に皮膚が薄く敏感な部分です。
そのため、ちょっとしたことでも肌は炎症を起こしやすい状態になります。
この炎症を防ごうとメラニンが発生しそのまま沈着するとこれが黒ずみとなってしまいます。

黒ずみを改善するにはまずお肌の状態を良くしてあげる必要があります。
肌荒れした状態ではターンオーバーも促進されません。

この炎症を未然に防いでくれるのがカモミラエキスの抗炎症作用です。

カモミラエキスの保湿作用

デリケートゾーンって意外と乾燥しがちだって知っていますか?
乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなり黒ずみを発生させる原因ともなるのです。
これを防いであげる保湿作用がカモミラエキスにはあります。

もちろんイビサクリームには他にも多くの保湿成分は入っていますが、天然成分であるカモミラエキスでもしっかりと潤いを届けてくれる役割を果たしているんですね。

カモミラエキスに副作用の心配は無いの?

植物由来の天然成分であるカモミラエキスには副作用が起きる心配はほぼありませんから、外的影響を受けやすいデリケートゾーンでも安心して使用できます。

イビサクリームの成分|ダイズエキスってどんな効果があるのかしら?

イビサクリームに配合されている成分でダイズエキスと言われるものがあります。

その名の通り大豆から抽出されたエキスなのですが、この天然成分であるダイズエキスには一体どのような効果が見られるのでしょうか?

ダイズエキスの効果と副作用について見てみたいと思います。

ダイズエキスにはどんな効果が期待できるの?

健康にも美容にも女性にとっては大いに役立つ大豆。

日常的に大豆を口にしている人も多いでしょうが、その大豆から抽出されたのがダイズエキスです。
大豆というとイソフラボンですがもちろんダイズエキスにもしっかりと含まれており、美白効果や保湿効果、抗炎症作用の効果がみられます。

美白効果

大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンの働きを活性化させる効果があります。
女性ホルモンの中でもエストロゲンを活性化させることで女性らしい体作りに役立ってくれます。
また女性ホルモンを活性化させることでターンオーバーを促進させる役割も持っています。
ターンオーバーを促進させてくれると黒ずみの排出が早くなり、メラニンの色素沈着を抑えてくれます。
この効果がダイズエキスに美白効果があると言われる所以です。

保湿効果

ダイズエキスにはヒアルロン酸の生成を促し肌の防水力を上げる効果があります。
デリケートゾーンは比較的乾燥しがちな部分なので、保水力の高いダイズエキスを使用する事は潤いを与えることにもつながり黒ずみを解消するのに効果的と言われています。

抗炎症作用

ダイズエキスには後炎症作用も備わっており、肌のダメージを防いでくれる効果があります。
ターンオーバーを促進させ黒ずみを解消するにはまず肌の炎症を抑えてあげる必要があります。
炎症を抑えてくれる成分は他にも入っていますがダイズエキスと一緒に使うことでより効果的と言えると思います。

ダイズエキスに副作用はないの

ダイズエキスをその名の通り大豆から抽出したエキスですから、体に優しく副作用の心配はほぼありません。
もちろん体にとって害を与える成分ではないので、むしろ積極的に摂取したい成分でもあります。

イビサクリームの成分|サクラ葉抽出液には美白効果があるんですよ!

イビサクリームに配合されている天然成分の中にサクラ葉抽出液があります。

読んで字のごとく桜から抽出されたエキスなのですが、このサクラ葉抽出液にはどのような効果が見られるのでしょうか?
サクラ葉抽出液の効果と副作用の可能性について調べてみました。

サクラ葉抽出液に美白効果があるってホント?

サクラ葉抽出液にはメラニンの生成を抑える薬効果が見られます。

美白効果と言うとイビサクリームの場合トラネキサム酸が話題に挙げられますが、このサクラ葉抽出液も美白にひと役買ってくれています。
サクラ葉抽出液にはこの美白効果の他にも保湿効果、抗炎症作用の効果があると言われています。

美白効果

黒ずみを解消し効果的に美白をするためにはなんといってもメラニンの生成を抑え沈着しないようにしてあげる必要があります。
メラニンが生成されるのはある程度仕方ないこととして、これを黒ずみになる前に抑えてあげる美白効果が見られます。

保湿効果

もともと乾燥しがちなデリケートゾーン。
このデリケートゾーンが乾燥したままだと、色素沈着が進行しやすくなってしまいます。
これを防いであげるのが保湿。

しっかりとした保湿を与え続けることで、潤いを保ったままのデリケートゾーンであれば、黒ずみの発生を抑えることができます。

抗炎症作用

サクラ葉抽出液には抗炎症作用も見られ、お肌のザラザラ感を抑えてくれます。
ターンオーバーを正常に戻し、黒ずみ解消に至るには、まずお肌の状態を良いものにしてあげる必要があります。

肌荒れや肌ダメージを受けた状態の肌のままだとなかなか黒ずみも改善しません。
こういったダメージ肌から解消してくれる抗炎症作用が見られます。

サクラ葉抽出液に副作用はないの?

植物由来の天然成分であるサクラ葉抽出液。
もちろん桜から抽出したエキスですから、肌にやさしく副作用が起きる可能性はほぼないと言えるのではないでしょうか

イビサクリームの成分|オウゴンエキスって美白効果があるのかしら?

イビサクリームにも配合されている成分の一つに「オウゴンエキス」があります。

薬用有効成分でもある「トラネキサム酸」や「グリチルリチン酸2K」ばかりがクローズアップされてしまいがちですが、天然成分であるオウゴンエキスも実はデリケートゾーンの黒ずみを解消するために大きな役割を果たしています。

実は美肌効果だってあるんですよ。

ここではこのオウゴンエキスにスポットを当ててみたいと思います。

オウゴンエキスってなんだ?

オウゴンエキスとはシソ科植物のコガネバナの根を乾燥させたものであるオウゴンという部分から抽出されたエキスのことを言います。

もともとは漢方で生薬として解熱作用などに使用されていました。

化粧品の成分としては、美白効果、活性酸素を除去するアンチエイジング効果、抗炎症作用などがみられます。

美白効果

植物フラボノイドってご存知ですか?

最近美白化粧品でもその名を聞くことのあるフラボノイドですが紫外線を吸収し、紫外線からのダメージを守ってくれる効果があります。
オウゴンエキスにはこのフラボノイドが含まれており、紫外線のダメージからお肌を守ってくれる効果があります。

また、メラニン色素の合成をするチロシナーゼという酵素を抑制し黒ずみの予防につながります。

活性酸素除去

活性酸素は人の体になくてはならないものなんですが、その一方で増えすぎてしまうと肌老化を促進させてしまうことにもなります。

オウゴンエキスには肌の老化を促進させる活性酸素を除去する効果があり、新陳代謝を高めメラニンの排出を促してくれます。

抗炎症作用

オウゴンエキスには肌の炎症を抑えてくれる効果があります。
抗菌作用や収れん作用があり皮脂の過剰分泌を抑えてくれニキビ改善効果などがあります。
デリケートゾーンでいえば毛穴が目立たなくなりスベスベな状態を作ってくれます。

イビサクリームでしっかりと保湿と美白が実現できます

ここまで見てきたようにイビサクリームにはお肌の美白を実現するための成分がたっぷり含まれています。

2つの薬用有効成分を始め4つの天然成分、それに8種類もの保湿成分を配合していますから、使い続けることであなたのデリケートゾーンの黒ずみ・くすみをしっかり解消してくれることでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消は「かっこいい女」を目指すのであれば今や常識です。

イビサクリームは今ならキャンペーン価格でお求めいただけますから、せっかくのこの機会に黒ずみ解消始めちゃいませんか?

イビサクリームでお悩み解消しちゃいましょ!

デリケートゾーンの黒ずみは放っておいても綺麗にはなりません。

でもイビサクリームを使えば大丈夫! 

いつまでも悩んでいるよりも、デザインも新しくなってますます魅力的になったイビサクリームでさっさと綺麗なお肌を手に入れちゃいましょ!

ご購入は下記をクリックして公式サイトでどうぞ。

イビサクリーム公式サイト

Copyright© イビサクリームの効果と口コミを大暴露|イビサクリーム徹底レビュー通信 , 2019 All Rights Reserved.